<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
お耳が(´・ω・`)
5月末にまた手術しました

ちょっと間隔が近いのですけどね
かなり久しぶりだった前回の手術では、それまで長く保てた状態だとおもうので、ちょっと調整するだけにして、ふたたび違和感なく維持できればいいなあ的予想の範囲だけを削り、あんまりいじらなかったということだったのです
その効果が残念ながら出なかったということかなぁとおもっています
前回の手術後から今回までの間、実際あんまり牧草を食べなかったり、イマイチ感があったので。

なので間隔はどうであれ、今回の手術をしてからとっても元気にもりもり食べているので一安心です




しかし今回は久々に口の中がぐさっと切れていたそうで、
前触れなく、切れた瞬間からぱったりと食べることをやめたんです
それから手術までの丸2日間は、本当にわずかな食べ物しか食べられませんでした

痛さで萎えていたのか、だいすきなおやつすら自分から食べようとしなくて
かろうじてわたしが手からあげるとぱくっと口に入れてくれて
でも食べてみたらおくちの中痛いから、2口、3口と順調には食べません

食べないことで、当然おなかも動かなくなり、腸内バランスも崩れて、ゆるいうんぴばかりして、、、
うちに来てから初めておしりにゆるうんぴを付けていました
ちゃんと出ないからおしりが気になるようだったので、コマメにやさしくマッサージもしましたが
なにしろ飲まず食わずなんだからマッサージしたって腸動かないし。
だんだんとうっ滞気味な堅いおなかになってきて、体温下がってきて、毛ツヤもしっとりしちゃって、体の動きも鈍くなってきちゃって、ケージから出てこようとしなくなり
食べないことは 本当にこわいです・・・






手術は無事終わり、小松菜も自分で食べているとの電話が来て、
お迎えに行ったときはすっかり元気な顔に戻り、キャリーから脱走していたから安心したけど
その日の夜ごはん、ろくに食べず。
ケージにこもりっぱなしに戻りました
わたしもほとんど寝ずに診ていたから心も体も疲れきっていて、ちょっと安心したところだっただけに、
一気に弱気になって落ちました(´・ω・`)
どうして食べてくれないの、って。

また眠れぬ夜になったけど、寝てしまった隙に何かあったらとおもうと、怖くて寝れませんでした
翌日曜日は、休日出勤もしなきゃいけなくて、病院は行けないとおもっていたのですが
電話で先生に相談し、おなかを動かすお薬だけでも取りに行くことになりました
会社に行き、お薬をもらいに行き、家に帰ったら

ぴぃちゃんがケージから出て、いつもみたいにおかえりの顔してる!!!


その姿で元気になったんだとわかりました
いつものようにただいまの抱っこをして、はぐはぐして。まだおしりにうんぴ付いてたけど。
本当に ほっとしました






今回はおくちの中のダメージが大きかったのと、
おなかの調子をここまで崩したのは初めてだったので、
そちらの回復に時間がかかってしまったのかもしれません
じっとひとりで回復を待ってたんだね、焦ってしまって恥ずかしい
でも、心がつぶれそうなほど心配したんだよお><




それと今度手術で麻酔をするときに検査にだしてみよぅとおもっていたお耳の皮膚のかさぶた状のもの。
病理検査に出してみました
結果は悪性のものではなかったそうですが、細胞がもろくてなんだかわからなかったそうです
目立つものでもぴかるが気にするわけでもないので、今後は状況が変わらない限りこのままにしておきます


ただ、検査でお耳のトコの毛を少し剃っていて、生えてこなぃ
写真は手術の2日後。右のお耳にちょっとハゲがあるでしょ
3週間経っても さっぱり生えてきません(ノ≧ρ≦)ノ
b0038295_22494327.jpg

[PR]
by yukariphantom | 2009-06-16 22:49